徳島味めぐり

徳島味めぐり260弾 novia novio cafe

 常夏や常冬の地はあるのに、常春や常秋の地がないのは「何事もそううまい具合にいきませんよ」という事なのかなと思う徳島味めぐり第260弾、人生の秋を
満喫中の味めぐりチーム2人には若干敷居の高かった人生の夏を過ごす人達のための場所、お洒落な結婚式場〈ノビアノビオ〉に併設されたnovia novio cafeに
行ってきましたー(^ω^)ノビーー

 最近は本当にお洒落な結婚式場が増えました。まるで森の中の邸宅のような佇まいの一軒家を借り切って、親しい人を招き、自分の家の庭で挙式とパーティーをするようなコンセプトの式場です(^ω^)
 堅苦しい挨拶もないカジュアルでアットホームな式を挙げられます。別にノビアノビオの広告をしているわけではありませんが(^ω^)数年前に味めぐりチームメンバー2号の姪がここで結婚式を挙げ、それがとても素敵で印象深かったので、個人的に好感度MAXな場所なのです。

 敷地内は建物も庭も、まるで童話に出てくるような世界で、この区画だけ徳島市沖浜町とは切り離されている感じです(^ω^)
 そんな中にあるカフェ。お洒落じゃないワケがない。若干敷居が高く感じるねーと言いながら入ると、もうメニューからして聞いた事ないようなお料理が。

 1号は何がなんだかわからないまま本日のガレットという勇気ある注文。2号はすぐ下にある「ラグー」とかいうのが気になりつつ食べ物で冒険ができない意気地なしなので本日のパスタ。

 ちなみにガレットというのはクレープのような見た目のフランス北西部の郷土料理だそうです。ここでは100%そば粉を使っています…フランス料理、クレープ、そば粉!?もうワケわかりません(^ω^)本日のパスタはバター醤油味のホタテ?だったかな?もうパスタもワケわかりません(^ω^)味もなんだかよくわかりません(^ω^)普通です(^ω^)
 でもいいんです。オシャレな場所でなんだかオシャレなものを食べるという、ちょっと意識高い系な人のような事をしてみました、という事です(^ω^)

 ランチを食べる場所、というよりは、店の雰囲気や窓の外の景色は最高なので、のんびり優雅にお茶を楽しむには最高の場所といった感じでした。のんびりと優雅にお茶を楽しめる生活を夢見ながらあたふたと帰ってきた味めぐりチームでした(^ω^)

コメントを残す