徳島味めぐり

徳島味めぐり254弾 鯛太郎

あー、暑い暑い。暑い暑い。もう夏はいいです。もうじゅうぶんです(^ω^)と思いながら続く徳島味めぐり第254弾、またまたタウン誌を頼りに、
昨年12月に新浜にオープンした鯛太郎に行って来ましたー(^ω^)タイィー

 鳴門産の鯛を使った無化調のラーメン店です。鯛だしというとやはり一番先に思い浮かぶのは鯛塩ですね(^ω^)鯛塩の他に何があるのかしらんと思うと、鯛塩の他に鯛醤油・鯛味噌、そして特製油そば(こちらも醤油・塩・味噌)がありました。

 やはりここはベーシックに鯛塩でしょう、という事で、味めぐりチームメンバー1号2号とも迷うことなく鯛塩チョイスです(^ω^)

 色々と無化調を謳うお店を回ってわかった事は、今更というか当たり前ですが、無化調だとたいへん優しいお味になります(^ω^)
 とても優しいので、ある意味、最初のひとくちのインパクトも弱いのです。化調を使うと味が締まるのではっきりとした印象になります。なので、最初の印象で「美味しい!」と感じるのはどちらかと言えば化調使用の方の場合が多いです(^ω^)
 無化調なのにひとくちめから「美味しい!」と感じたのは、キルシュナのカレーと遊山の日本そばだけでした(^ω^)
 もちろん無化調の良さもたくさんあるので、その日の気分で選ぶのが一番かしこい選択でしょう。
 こちらの鯛塩も、最初の印象はやや弱いものの、やはりそこは無化調、最後まで柔らかい、優しいお味です(^ω^)

 店内は明るく清潔、最近のお店らしく洒落ていて白と茶をベースにした落ち着いた造りです。とても居心地の良い雰囲気で、お味と同じく優しい空間になっています。女性のおひとりさまでもきっと入りやすいんじゃないかと思います (^ω^)

コメントを残す