徳島味めぐり

徳島味めぐり251弾 バレンシア

 本格的な夏の様相を呈して参りました湿気地獄の徳島味めぐり第251弾、時々現れる昭和シリーズ、懐かしのバレンシアに行って来ましたー(^ω^)シアー

 ある年代ならば知らない人はいないと思われるこの名店、あの頃の風情を残しつつちゃんと現役で繁盛しています(^ω^)
 ヨーロッピアンとアメリカンとレトロとサイバーパンクを一緒に袋に入れてグシャグシャッとしたようなカオスな雰囲気が、いくつもの時代を越えて来た感があってとても良いです。

 昭和の喫茶店の鉄板はやはりハンバーグでしょ!という事で、オーダーしたのはメンバー1号がチリソースハンバーグ、2号がチーズハンバーグ。
 正直、昔は当たり前だったので当然冷凍ものだと思っておりました。が、なんとちゃんときちんと作ってくれていて嬉しい驚きでした。
 お店のあちこちに食の安全にこだわっている旨のお知らせもあって、なんだか安心します。

 そして何より不思議なのが、このお店の歴史を考えると相当古く、昔から店内には「これでもか!」というくらいの彫刻や装飾品が所狭しと並べられているのですが、埃がまったくないのです。これだけ物が多くてかなりの広さがあり尚且つ建物が古いと、どうしてもホコリや蜘蛛の巣は避けられないと思うのですが、それが全くなく、鏡はピカピカ、掃除が行き届いているのでとても清潔感があります。オーナーさんのお店への愛情が感じられます。

 味めぐりチームメンバーの2人とも、何十年ぶりかという訪問でしたが、たまには昔を懐かしみながら来てみるのもいいな、と思いました。学生時代の友達なんかと来れば、思い出話で盛り上がることうけあいです(^ω^)

コメントを残す