徳島味めぐり

徳島味めぐり218弾 デル・オルソ

 そういえば最近昭和のごちそうシリーズを忘れているような気がする徳島味めぐり第218弾、前から来たかったお店、富田橋通りにあるイタリアン、オステリア・デル・オルソに行ってきましたー(^ω^)オルー

 昔からある「町のイタリアン」的な、こじんまりとした可愛らしいお店です。周りの景色が違えば、ヨーロッパの古い街に本当にありそうな感じです
(^ω^)
ここは2号の生活圏内なのでちょこちょこ通るのですが、全体的にグレーっぽい通りの中でひときわ目立つ可愛い店構えに加えて、店が開いている時はたいていいつもお客さんが入っているので気になっていました。

 ランチメニューからAランチ〈ミネストローネ・本日のパスタ・自家製フォカッチャ・サラダ・エスプレッソ〉をチョイス。本日のパスタは2種類なので 1つづつ頼みました。ベーコンとレンコンのペペロンチーノと、豆の…名前忘れました(^ω^)

 可愛らしい見た目とは裏腹に、かなりの高レベル本格派イタリアンです。
 ミネストローネは野菜の旨味がしっかり感じられ2号的にあまり得意でないじゃがいももたいへん美味しく頂けました。 

 野菜を多く使ったメニュー、パスタのプリプリ感、上品かつ土台のしっかりした自然な味付け、酸味のバランスの良さ、すべてがとてもいい感じです。
 一流店の美味しさでありながら、イタリアの家庭料理は食べたことないけどきっとこんな感じ、いや、こんな感じであって欲しいと思ってしまう、お一人
様でも気軽に入れそうな親近感もまた魅力です。

コメントを残す