徳島味めぐり

徳島味めぐり183弾 射心

 桜よ散るなーっ ! ゚(゚`Д´゚)ノ゚。ということで徳島味めぐり第183弾、新しくできた東京ラーメンのお店、射心に行ってきましたー(^ω^)イシーン

 最近、徳島ラーメンじゃないラーメン屋さんがけっこうな勢いで増えている気がします。特に鶏塩と鯛塩の勢いがすごいです。全国的にも魚介系のラーメンはブームなようです。徳島市内でも、パッと思い浮かぶだけで徳島ラーメン茶・白、鯛塩ラーメン、鶏塩ラーメン、博多ラーメン、どさんこ系ラーメン、つけ麺…いろんな種類のラーメンがあり、その日の口の気分で選ぶ時に選択肢が増えて嬉しい限りです。

 駐車場が少ないのですぐに駐められなくなるよ、と聞いたので、OPENの11時に合わせて突撃しました。少し早く着きすぎて店の周りを1周、まだ開かないのでもう1周したら、あれよあれよという間に車が来て、あっという間に最後の1台になってしまいました(^ω^)

 東京ラーメンといえば醤油ラーメンです。関東さんは格別しょうゆ大好きなんですよね(^ω^)
 射心の説明によると、麺は京都の有名店、鶏・豚・塩・水等全ての原材料にこだわり、厳選した素材を使用しています、との事です。当然これは期待も膨らみます。

 味めぐりチームメンバー1号は濃厚魚介白湯ラーメン、2号は東京醤油ラーメンをオーダー。それぞれ800円と750円。お店に入ったすぐ右側に食券販売機があります。
 レンゲも柄付きの焼き物で上等な感じ。東京醤油ラーメンはあっさりしてコクのある半透明スープで、鶏と豚のダシが上品で美味しいスープでした。若干カツオか鯖(?)の削り節の香りが強くて、せっかくの上品な鶏のダシが弱く感じる事もありましたが、とてもていねいなスープで美味しかったです。

 1号の濃厚魚介白湯ラーメンも、やはりとても丁寧にきちんと作ってある感じで、コクがありたいへん美味しかったようです。こちらもやはり若干削り節の香りが強かったという事でした。麺は両方ともスープによく絡み、やや固めに茹でられていた麺はあまり食べた事のない独特の香りがしました。
 夕方に行くと売り切れている事もよくあるそうです。またひとつ、徳島のラーメン店のレベルが上がった感じがしました(^ω^)スバラシイ !